《2分で読める! スーパー戦隊超考察「テーマ編」5選-③》”鉄板” 「乗り物」の採用度は⁈

2分で読める

スーパー戦隊をシリーズの全体的な構造から考察する「スーパー戦隊超考察」。
解説まで2分で読破可能!! 今回は「テーマ・モチーフ」にまつわる5考察の3つ目です。

《スーパー戦隊超考察「テーマ編」5選-③》”鉄板” 「乗り物」の採用度は⁈

「乗り物」テーマの戦隊は45作品・46戦隊中、3戦隊だけ!!
実は意外と少ないんです。

今回、カウントしたのは「高速戦隊ターボレンジャー」「激走戦隊カーレンジャー」「炎神戦隊ゴーオンジャー」の3戦隊。
ストレートに「スポーツカー」「働く乗り物」をメインテーマ・モチーフにした戦隊です。

しかし、「広義」では「ロボット」や「合体前マシン」も「乗り物」になるので、ほぼ全ての戦隊が何らかの「乗り物」には乗っていることになります。
“当たり前” 過ぎて、単独でメインを張るパワーは弱いのかもしれません。

“ハイブリッド” でパワーを発揮する「乗り物」

「ゴーオンジャー」は唯一の「乗り物」テーマで大成功した戦隊です。
玩具の売上も前作を大幅に上回り “戦隊ここにあり!” と感じたものです。

実は「ゴーオンジャー」はテーマ・モチーフが「乗り物」だけではありません。
ベースは「車」や「働く乗り物」ですが、そこに「動物」のモチーフも入っているハイブリッドデザインでした。

「乗り物」は “当たり前” であるが故に、単独ではなく、他のテーマ・モチーフとハイブリッドすることで力を発揮する素材と言えそうです。
最近10年、メインテーマでの採用はないですが、やり方次第では大成功しそうなテーマですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました