《2分で読める! スーパー戦隊超考察「テーマ編」5選-②》”切り札” のテーマとは⁈

2分で読める

スーパー戦隊をシリーズの全体的な構造から考察する「スーパー戦隊超考察」。
解説まで2分で読破可能!! 今回は「テーマ・モチーフ」にまつわる5考察の2つ目です。

《スーパー戦隊超考察「テーマ編」5選-②》”切り札” のテーマとは⁈

“切り札” テーマはズバリ「恐竜」です。

「困った時の恐竜」「子ども人気間違いなし」と認識されている節があります。

最初の採用は16作目の「恐竜戦隊ジュウレンジャー」と遅めです。
「スーパー戦隊オフィシャルMOOK」(講談社)によると、何度か採用する案はあったようですが、強力なテーマである「恐竜」をここぞというときのために温めておいた、ということらしいです。
「ジュウレンジャー」と時は、割と “スーパー戦隊存続の危機” だったので、満を持しての採用になったようです。

それ以後も「獣電戦隊キョウリュウジャー」や「騎士竜戦隊リュウソウジャー」など、「スーパー戦隊」がダウントレンドの時に採用されている感があります。

「恐竜」テーマの強さの秘密

「スーパー戦隊オフィシャルMOOK」(講談社)でプロデューサーが「恐竜」のいいところを語っています。

●大きい!! 子どもにとっては「大きい=強い」というイメージで有効
●元々太古のものなので「古くならない」
●誰もが知っている


と、こちらも「動物」とは違った3拍子揃ったテーマ・モチーフのようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました